HOMEの『画像』『ボタン』から各カテゴリーへ >>

【HSP】生きづらいと感じた時に購入した本【適応障害を経験】

【HSP】生きづらいと感じた時に購入した本【適応障害を経験】適応障害

看護師として働いています。

以前引っ越しと未経験の科への転職が原因で、適応障害と診断されました。

私はHSPに当てはまる所があります。
適応障害になってからは今までに増して、生きづらさを感じて本当に辛かったです。

毎日「みんな普通に生活が送れてすごいな、羨ましいな…」と考えていました。

今回紹介する本には「自分を大切にする方法」が紹介されています。

トリ
トリ

この本を読んで「自分自身を大切にしていなかった」と気付きました。

POINT

①紹介する本の解説
②私が私を守る方法
③自分らしく生きる

スポンサーリンク

HSPとは

HSP気質の解説とアドバイス

HSPは病気や障害ではなく、気質です。
世界の約15〜20%がHSPと言われています。

HSPの特徴は以下の通りです。

  • 大人数が苦手
  • 自分を責めてしまう
  • 自分の気持ちは後回し
  • 周囲の感情に左右されやすいなど

今回紹介する本の「はじめに」で、以下のような文章があります。

HSPは純粋で感度が高く直感にすぐれていますが、自他を区別し自分を守る境界線(自我)が弱いので、周りの負のエネルギーに狙われたり、エネルギーを吸い取られてしまう傾向があります。

長沼睦雄,敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本,永岡書店,2017,2-3P

気質は性格とは違い、HSPは「先天的な気質」と言われています。

トリ
トリ

当てはまる点が多く驚きました。

ひよこさん
ひよこさん

これからHSPの方にオススメの本を紹介します。

HSPにおすすめの本

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本」を紹介します。

著者は精神科の医師です。
日本では数少ないHSP臨床医です。

第1章はHSPの解説です。
第2〜5章はケース別の解説となっています。

本の内容まとめ

①HSPの解説
②自分自身と向き合う
③周囲に巻き込まれない対処
④仕事で抱えやすい問題の対処
⑤健康と食事の悩み
⑥周囲の人がHSPの場合
⑦身体の症状とHSPの関係

対処方法とコツがテーマ別に、約150ページにも渡って解説されています。

日常生活の中で直面する場面が具体的に解説され、生きづらさを和らげる心構えを知ることができます。

好きなページだけ読むこともできますので、必要なアドバイスがすぐに見つかります。

トリ
トリ

私は自分に当てはまるケースを、繰り返し読みました。

ひよこさん
ひよこさん

セルフケアのコツが箇条書きで分かりやすいです!

HSPの本と看護師の私

HSPの本と看護師の私

私は周囲の人のマイナスな感情に引っ張られやすい部分があります。

例えば、近くに怒っている人がいるとすぐに気分が落ち込んでしまいます。

日常で遭遇する場面では、子どもに怒鳴っている親御さんが苦手です。

正確には親御さんが苦手なのではなく「怒っている人、特に怒鳴っている人」が苦手です。

私と関係がないことも、意味がないことも分かっていますが気まずい気持ちになってしまいます。

HSPの良い所

このように周囲の感情が気になり、疲れてしまうこともありますが仕事では良い面もあります。

夜勤前の挨拶で患者さんから「あなたで良かった!」と言われたことがあります。

他の看護師にも同じように声を掛けているかもしれませんが、それでもやっぱり嬉しかったです。

トリ
トリ

HSPは敏感さのおかげで「人の心に寄り添うこともできる」といわれているそうです。

ひよこさん
ひよこさん

素敵な部分はしっかり伸ばしたいですね!

HSPの本を読んだ感想

正直にお話すると、タイトル後半の「明日からラクになれる」は少し言い過ぎかもしれません。

本当に楽になるかは自分次第で、すぐに変わるのは難しいためです。

また本の中で「敏感さが強みに変わる」と書かれていますが、これは少し違うと思います。

私にとっては当てはまる項目を読んで納得し、自分自身を受け入れて対処法を得ることができる本です。

私は「セルフケアのコツ・生きづらさを解消するための心構え」がとても参考になりました。

また自分の気質と苦手なことを受け入れることで、自分を守る方法が分かり自信がつきました。

今も他の人に迷惑がかからない範囲で、自分を守る方法を実践しています。

本の中でも紹介されていますが「マイナスの感情を遮断するバリア」を意識することで、生きづらさが少しずつ和らいでいます。

トリ
トリ

気持ちが随分楽になりました!

HSPで生きづらい人と本のまとめ

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本のまとめ

私は敏感すぎる部分をどうしたら良いのか分からず、困るばかりで我慢してきました。

自分の悪い部分だと決めつけることで、返って苦しい思いをすることも多かったです。

今回紹介した本のエピローグで、以下のような文章があります。

HSPは非HSPができないものを身に受けることのできる特異体質といってもいいわけですが、目には見えないものの中にこそ人間にとって大切なものが隠されていることに気がついています。目に見えるものだけがすべてではないことを体感的に理解しているのです。

長沼睦雄,敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本,永岡書店,2017,212-213P

綺麗事かもしれませんが、私は紹介した本が「自分を受け入れる意味」を考えるきっかけにもなりました。

現在適応障害は良くなりましたが、HSP気質はそのままです。

今でも時々読み返して、少しでも自分らしく生きるための方法を考えています。

トリ
トリ

みなさんも「自分を守ること」から始めてみませんか?

すぐに読みたい方へ(電子書籍)

今すぐ読みたい方は電子書籍がおすすめです。

AmazonはKindle版(電子書籍)があります。

AmazonアカウントがあればKindleアプリをダウンロードして購入するだけでいつでも読めます。

間違えて購入した場合でも注文確定直後であれば、表示されている「注文をキャンセル」リンクをクリックすれば注文がキャンセルされます。

私も何度か誤って購入したことがありますが、毎回自動的に返金処理が行われています。

Kindleは安心して電子書籍の購入ができますし、Amazonポイントがつく点もおすすめです。

【電子書籍】Kindle Unlimited 初めての方は30日間無料体験

トリ
トリ

適応障害の経験談に興味がある方はこちらをどうぞ!

ひよこさん
ひよこさん

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました