HOMEの『画像』『ボタン』から各カテゴリーへ >>

【HbA1cを下げる】改善効果が明らかに│歯周病と糖尿病の関係

HbA1cを最大1%下げる報告がある歯周病予防糖尿病
POINT

①世界で最も患者数が多い感染症
②40歳以上の約8割が歯周病
③糖尿病と歯周病の深い関係
④予防がどちらにも良い影響を与える

糖尿病は全身に影響を及ぼす病気です。

免疫機能の低下・唾液量の低下・血流の低下等により歯周病になりやすく、重症化しやすいです。

糖尿病の治療も歯周病予防も、日常生活と密接な関係があります。

歯周病のケアを日常に取り入れるだけで、血糖値が上昇してしまう状況を避けることができます。

歯科推奨のケア用品の選び方も解説します。

歯周病は糖尿病の合併症

歯周病は糖尿病の合併症

歯周病は歯を失う最大の原因です。
糖尿病6番目の合併症といわれています。

2型糖尿病の方は、糖尿病がない方に比べ2〜3倍歯周病になりやすいといわれています。

歯周病はインスリンの作用を阻害する

歯周病と血糖値の関係性

トリ
トリ

歯周病があると血糖値が上がりやすくなってしまいます。

インスリン作用の阻害

血管内に歯周病菌の毒素が入り込み、毒素がインスリンの作用を阻害する物質を作ります。

結果、血糖値が下がりにくい状態になります。

歯を失ってしまった場合

歯を失うと噛む回数が減少しやすいです。
食事内容も偏る傾向があります。

食事を始めて満腹感を得るまでには、20〜30分程度かかります。

噛む回数が減ると早食いになってしまい、食べすぎる原因になります。

人によっては柔らかく食べやすい炭水化物の割合が増加し、血糖値上昇の原因となっています。

歯周病の治療でHbA1cが改善する

歯周病の治療でHbA1cが改善する

近年適切な歯周病治療で、血糖コントロールが改善することが明らかになってきました。

治療により0.4%〜0.65%改善と記載されているもの、最大1%の改善という報告もあります。

歯周病治療による糖尿病への影響

慢性炎症としての歯周炎に対する適切な治療により、糖尿病のコントロール状態をあらわず糖化ヘモグロビン(HbA1C)の改善がみられることが明らかになってきました。

引用:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

トリ
トリ

歯周病の予防・治療は、糖尿病治療にも大きく影響します。

歯周病予防で血糖値の上昇を防ぐ

歯周病予防と糖尿病

この3つのどれが欠けても、お口の健康を保つことが難しくなります。

セルフケア

プラークコントロールが重要です。
ポイントは以下の通りです。

  • 歯ブラシは月に1回交換
  • デンタルフロスの使用
  • フッ化物濃度の高い歯磨き粉
  • 自分に合ったブラッシング法
  • 自分に合った歯ブラシ
  • フッ化物洗口など

おすすめのセルフケアグッズ

一般的なむし歯対策と同様に、デンタルフロス・ハブラシ・歯みがき粉を使用します。

デンタルフロス

歯磨きでは届かない部分まで綺麗にできます。

  • 歯間の汚れを除去
  • 歯周病予防に効果的
  • 口臭予防にもおすすめ

歯間の汚れを放置すると、菌が発生させるガスが口臭を悪化させます。

口臭がきつくなっていた家族に使ってもらったところ、口臭を感じないレベルになりました。

歯間ブラシは洗って使えるのが特徴ですが、他の歯に歯間の汚れを移してしまいます。

そのため、常に新しい部分で汚れを除去出来るデンタルフロスがおすすめです。

私は1日1回、夜に使用しています。

フロアフロスは聞き慣れない製品ですが、歯科医や歯科衛生士も勧める実績があるフロスです。

トリ
トリ

初めて使用した時は信じられない程汚れが取れます。

ひよこさん
ひよこさん

口臭もすぐに改善、血糖値にも良い影響を与えるため一石二鳥です!

アラームつき歯ブラシ

カチッと音がするクリニカアドバンテージNEXT STAGEハブラシを使用しています。

歯肉が傷ついていると指摘されたためです。

歯みがきに力が入りすぎていることが、この時に初めて分かりました。

思った以上に優しく力を入れないのがポイントですが、今までの癖が抜けず上手く行かなかったので、専用グッズに頼りました。

月に1回交換しながら使用しています。

トリ
トリ

この歯ブラシは通院中の歯科のお墨付きです。

フッ素濃度の高い歯磨き粉

フッ化物濃度は1,000ppm以上が推奨されます。

薬用歯みがき類製造販売承認基準により、フッ化物濃度は1,500ppm以下に定められています。

フッ化物やフッ素化合物は「フッ素」と表現されていることが多いです。

歯科衛生士さんから十分な濃度であれば、どれでも問題ないと説明を受けました。

私はコストパフォーマンスを考え、ドラッグストアでこちらを購入しました。

トリ
トリ

クリニカにはフッ化物が1,450ppm配合されています。

ひよこさん
ひよこさん

価格は安いですが上限に近い量のフッ素が配合されています!

定期的な歯科受診

3〜6か月に1度の定期検診が推奨されています。

かかりつけの歯科でも、半年に1回の歯科受診をおすすめされました。

クリーニング(歯石の除去)やブラッシングの指導などを受けることが出来ます。

生活習慣の見直し

食生活・喫煙・睡眠などの生活習慣の改善が糖尿病自体にも、歯周病予防にも良い影響を与えます。

実際には、日々の仕事や家事等で難しい部分もあると思います。

少しでも理想的な生活習慣に近付くように工夫することが重要です。

PRお口のトラブルをトータルケアする医薬部外品のオールインワンデンタルリンス【THIS IS WHITE】

歯周病と糖尿病についてのまとめ

歯周病治療と血糖値

歯周病は細菌感染症であるため、口腔内のみでなく全身に影響を及ぼしてしまいます。

つまり歯周病は、気づかないうちに血糖コントロールを不良にしてしまう手強い存在といえます。

いずれかに当てはまる方には、歯科受診を強くおすすめします。

  • 食事療法が上手く行かない
  • 運動がなかなか出来ない
  • しばらく歯科を受診してない

食生活や運動で血糖値のコントロールが上手くいかない時にも、歯科受診の価値はあるはずです。

もし歯科受診が難しい場合も、まずセルフケアを見直すことから始めましょう。

毎日の歯磨きにプラスするだけでも、歯周病予防に1歩近付きます。

せめてフロアフロスだけでも使ってみて下さい。

使えばきっと良さを実感できます。

トリ
トリ

糖尿病の治療と合併症予防をまとめたページはこちらです!

ひよこさん
ひよこさん

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました